ユニオン昭和のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
当社はモレキュラーシーブの製造・販売を目的に米国ユニオン・カーバイド社(現在はUOP社)と昭和電工(株)との合弁会社として1970年に事業を開始しました。それ以来、吸湿、脱水用途あるいはVOC(揮発性有機化合物)除去、脱臭用途として、エネルギー、食品、医薬品、自動車、家電、住宅等多岐にわたる産業分野に自社製品及びUOP製品を提供してきました。この間、幅広い分野のお客様のご要望にお応えすべく、製品の改良・開発及び技術サービスの提供に努めてきました。今後ともお客様の課題と向き合い、お客様にご満足戴ける製品を提供いたしますとともにお客様へのサポート、ソリューションの提供に努めていきます。

2014年末には福島県に新工場を竣工し、三重県の四日市工場と合わせ国内2拠点体制を確立し、親水性のモレキュラーシーブに加え、疎水性モレキュラーシーブの生産体制を整えました。今後も引き続き、モレキュラーシーブの専業メーカーとして長年培ってきた固有技術を磨き上げ、製品の安定供給に努め、より一層の性能、品質の向上に取り組みます。
私たちは、今後も『カスタマー・ファースト』の精神をモットーに、お客様からの信頼と支持を得られるよう、また、モレキュラーシーブを通して環境に配慮した快適な社会の実現に貢献できるよう全社員一丸となって取り組んでいきます。
皆様のご指導とご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

ユニオン昭和株式会社
代表取締役社長
福田俊司